生きかたを変える

『ちいちゃんのかげおくり』を読むと、平和な世の中に感謝できだからこそ自己主張しなくてはいけない

『ちいちゃんのかげおくり』の名言

「からだの よわい おとうさんまで いくさに いかなければ ならないなんて。」

「ちいちゃんのかげおくり」から変えられる行動

気が弱くて周りに気を使いすぎて自己主張できない人が、

思ったことを言う勇気を持てる
自分の本心を伝えることの大切さを知れる

『ちいちゃんのかげおくり』のあらすじ

明日はお父さんが戦争に行っちゃう日。

ちいちゃんはお父さん、お母さん、お兄ちゃんと先祖の墓参りに行きました。その帰り道にちいちゃんはお父さんから「かげおくり」について教えてもらいました。

10秒間地面の影を見つめて空を見上げると、みんなの影法師が空に映って見えました。

次の日にお父さんは戦争に行ってしまいました。

 

ちいちゃんは毎日かげおくりをして遊んでいましたが、戦争が激しくなって次々に戦闘機が飛んでくるようになりました。

ちいちゃんの楽しい遊び場は、怖いものに変わってしまったのです。

ある日の夜、激しい空襲が起きて逃げている途中でちいちゃんはお母さんとお兄ちゃんとはぐれてしまいます。

朝になってちいちゃんはおうちのあったところでお母さんとお兄ちゃんを待っていました。しかしお母さんもお兄ちゃんも帰ってきません。

夜になってちいちゃんは近くの防空壕でひとりぼっちで寂しく寝ました。

朝になって防空壕から出ると、空の上からお父さん、お母さん、お兄ちゃんの声が聞こえました。

ちいちゃんはかげおくりをしようと思い、影を見つめて空を見上げると4つの影がありました。

 

その瞬間、ちいちゃんの体は空に吸い込まれていき、向こうからお父さん、お母さん、お兄ちゃんが笑いながら走ってきました。

ちいちゃんのかげおくり (あかね創作えほん 11)

ちいちゃんのかげおくり (あかね創作えほん 11)

あまん きみこ
1,430円(11/20 20:53時点)
発売日: 1982/08/01
Amazonの情報を掲載しています

名言の状況

ちいちゃんのお父さんは体があまり丈夫ではないけれど、戦争に行かなくてはいけませんでした。

お父さんの出征の前の日、ちいちゃんたちは家族でお墓参りに行きます。

 

その帰り道にはお母さんがぽつんと小さくこうつぶやいたのです。

でもそれはちいちゃんにしか聞こえませんでした。

名言の本質

お父さんは体が弱いから、なかなか召集がかからなかったのでしょう。

そのお父さんまでが呼ばれたということは、いよいよ戦況が追い詰められて兵隊さんが足りなくなってきたという事態になったということです。

 

恐らくお母さんは、この戦争はもうだめだろうと思っていたのでしょう。

そして、お父さんはもう帰ってこれないだろうとも思っていたのかもしれません。

 

でもそれを大きな声で言うと捕まってしまうので、こんな悲しいことはちいちゃんが大きくなってもあってはいけないと、ちいちゃんにだけ聞こえる声で言ったのでしょう。

行動への応用

一番大切に思っている人には幸せになってほしいと思うのは当然ですよね。

そのためには、言うべきことは言わないといけないし、訴えないといけない。

 

そんなことを大っぴらに言える時代ではなかったので、お母さんはどれほど悔しく悲しかったのでしょう。

 

幸いにも、現代はそんな時代ではありません。

逆に言葉にしないと伝わらない時代でもあります。

 

思っていることを堂々と言える時代に生まれたことに感謝して、大切な人のために声をあげてみませんか?

『ちいちゃんのかげおくり』の他の名言

そうです。ひろい 空は たのしい ところではなく、とても こわい ところに かわりました。

ちいちゃんの遊び場は、かげおくりをする広い空でした。お父さんに教えてもらった楽しい遊び場だったのに、毎日飛行機が飛んできて怖い場所に変わってしまいました。ここでも、戦争の悲惨さについて語っていますね。

ちいちゃんのかげおくり (あかね創作えほん 11)

ちいちゃんのかげおくり (あかね創作えほん 11)

あまん きみこ
1,430円(11/20 20:53時点)
発売日: 1982/08/01
Amazonの情報を掲載しています