考え方を変える

『透明人間のくつ下』からやってほしいことをやってもらえる方法を見つけてみる

『透明人間のくつ下』の名言

“絶対に払い戻しはしません。どんなことがあっても。
きいてもムダ、考えてもムダ。考えてみようと考えるのもムダ。”

『透明人間のくつ下』から変えられる行動

何に対しても無関心な大人や子ども

  • 興味を持ってやってもらうようになる
  • 好奇心旺盛な性格になる
  • 積極的な性格になる

『透明人間のくつ下』のあらすじ

イギリスのとある街にひっそりと建っている「リトル・ホラー博物館」。
この博物館には世にも珍しいものばかり展示してあります。
チャールストン・ロード小学校の子供達がバス遠足でリトル・ホラー博物館を訪れます。
  • 毒殺者のペン
  • デッドマンの靴
  • 吸血鬼の牙
  • オオカミ男の毛
  • 透明人間のくつ下
  • ミイラ男の包帯下
  • 首絞め男の手袋 ・・・

こんな胡散臭い展示物に子どもたちが興味を引かない訳はありません。

それは子どもたちだけでなく3名の引率の先生たちも。

 

博物館に入ると壁のあらゆるところに「展示物に触るな!」の注意書きが貼ってあり、館主のミセス・アバクロンビーにも「絶対に触るな。何があっても責任はとれない」と念を押されます。

 

飾ってある展示物はどう見てもガラクタにしか見えません。

「透明人間のくつ下」の展示スペースにいたっては、何も置いてありません。

そして、壁には「触るな!」の張り紙が。

 

ここまで禁止されると、逆に触りたくなるのが健全な子どもたちというものです。

 

1人の子どもが"何もない"透明人間の靴下を触ろうと手を伸ばします。

「あああああ~!本当だったんだ!ここにあるんだよ。ほら。ぼくがつかんでる。もってるんだ。ほら、ここに、この手で」

それを聞いた他の子どもたちと先生たちは一瞬静まりますが、それを皮切りに他の展示物を触りまくり始めます。

もちろん触ったなんてミセス・アバクロンビーは内緒ですまし顔で博物館を出るのですが、帰りのバスでどうもみんなの様子がおかしくなってくるのです。

 

次の日、学校では

友達の首を絞めたがったり、

オオカミ男に変身してしまったり、

すごい血を吸いたくなったり、

体が透明になっていったり。

これはまずいと意外にのんきに構えている当事者たちも、事態が深刻になっていきどうすればいいか相談し合う。

 

そして、みんなでとある場所に向かいます。

そこは・・・

透明人間のくつ下

透明人間のくつ下

アレックス・シアラー
発売日: 2008/07/30
Amazonの情報を掲載しています

名言の状況

リトル・ホラー博物館の入り口に貼ってある張り紙です。

 

一回館内に入ったら、何があっても払い戻しはしません。

その理由は一切お答えしません。

 

その理由を考えても無駄なので、考えないでください。

 

考えようと考えてみても無駄なので挑戦しないでください。

名言の本質

子どもって禁止されるほどやりたくなるものですよね。

「ダメ!」って言われると、かえって好奇心が溢れて手が伸びてしまう・・・

 

でも、その好奇心が、結局大変な事態を招くことも・・・

その典型的な「禁止されたことをやってしまった悲惨な結果」の例がこの本です。

 

 

子どもって一回いたずらが見つかって注意されてもそれを聞かずに、結局後で大変な目にあってから、「やっぱりやめておけば良かった」と反省して大人になっていくんですよね。

 

その繰り返しで子どもは成長していくんだと思います。

 

 

でも・・・・たまーーーーに大人でも子どもみたいに好奇心に負けてしまう人もいませんか?

この本に出てくる引率の先生たちみたいに。

行動への応用

「禁止されてることは禁止されているんだから、とにかく禁止されていることをするな」ということですね。

その理由について考えるな。

とにかく禁止されているんだから。

余計なことを考えるな

 

と言われて「禁止されていることをやりたがる」ことで好奇心や想像力、行動力が養われるのではないでしょうか?

なので、子どもにはやってほしいことを敢えて禁止させることで興味をひかせましょう。

 

子どもに限らず家事をしない彼氏や旦那さんにも「絶対お皿洗いやったらダメだからね!」なんて言っておけばきっとやってくれます!

責任はもちませんが・・・

 

なんか禁止されると好奇心の他に、大人は空気を読んで「これってやれってことだよな?」と感じたりしませんか?

なので、大人にはどんどんフリをきかせましょう。

透明人間のくつ下

透明人間のくつ下

アレックス・シアラー
発売日: 2008/07/30
Amazonの情報を掲載しています