人間関係を変える

『ごん狐』を読んで、人の表に出ない感情や気持ちを察するようにしてみよう

『ごん狐』の名言

ごんはぐったりと目をつぶったまま、うなずきました。

『ごん狐』から変えられる行動

自分勝手で他人のことを考えられない人が、

表に出ない気持ちを察するようになる
人の考えを尊重できるようになる

『ごん狐』のあらすじ

昔、ある山の中に一人ぼっちの「ごん狐」が住んでいました。

ごんはいつも村の人たちにいたずらをして困らせていました。

 

魚を網で取っていた兵十にいたずらをしたのもいつものような軽い気持ちからでした。

ごんは兵十の捕った魚を次々に川に戻してしまいます。

しかし、うなぎだけは首に巻き付いてきて手間取っていたら兵十に見つかってしまい、慌てて逃げ出して首から外したウナギを山に捨てました。

 

それから何日かたって、ごんはそれは兵十の母親の葬式が行われているのを知ります。

するとごんは「兵十がうなぎを獲っていたのは、病気の母親のためだったのか」と思ったのです。

自分のした軽いいたずらのせいで母親はうなぎを食べられなくて、「ウナギを食べたいと思いながら死んだに違いない」と後悔しました。

「あんないたずらしなけりゃよかった」

 

次の日からごんは兵十の家へ魚、栗、マツタケなどの食べ物をこっそり届けるようになりました。

しかし、兵十は神様がしてくれたことだと神様に感謝しているのを聞いて、ごんはやるせない気持ちになります。

 

それでも、次の日も栗を持って兵十の家に入っていきましたが、兵十に見つかってしまい銃で撃たれてしまいました。

 

家の中に置いてある栗を見て、兵十はごんがいつも食べ物を持ってきてくれていたのを知るのでした。

ごんぎつね (日本の童話名作選)

ごんぎつね (日本の童話名作選)

新美 南吉
1,540円(11/20 13:07時点)
発売日: 1986/10/01
Amazonの情報を掲載しています

名言の状況

ごんが食べ物を盗みに来たと思われて撃たれてしまった後、兵十はごんが食べ物を持ってきてくれたことに気づくのです。

「ごん、お前だったのか。いつも栗をくれたのは」

名言の本質

まず、知っておかないといけないことはごんが後悔していることは‟ごんの思い込みや推測でしかない”ということです。

  • 「うなぎが食べたいと言ったに違いない
  • 「俺がいたずらをしたから母親は死んだに違いない
  • 「母親はうなぎが食べたいと思いながら、死んだんだろう

ごんは自分の後悔と思い込みから、兵十に懺悔の意味で食べ物を運んでいたのです。

もしくは母親を亡くした兵十と一人ぼっちである自分と重ね合わせて共感したとも考えられます。

 

 

つまり、兵十は「なぜごんがわざわざこんなことをしたのかいまだに分かっていない」のです。

 

でも、ごんにとってはそんなことはどうでもいいのでしょう。

ただ、食べ物を運んでいたのが自分であると分かってもらえたら満足だったのでしょう。

行動への応用

ちなみに、新美南吉のオリジナル原稿「スパルタノート」では、

権狐はぐったりなったまま、うれしくなりました。

と書いています。

子供向け児童文学様に編集された際にカットされたようなのですが、これを知っていればごんは分かってもらえて嬉しかったんだなと思えるのですが、カットされた以上はもうそこは各読者が推測するしかありません。

むしろ正解は一つではない方がいいと思います。

 

ごんが分かってもらえて嬉しかったということを推測する気持ち

これ以上兵十に食べ物を届けられないという悲しみだと思う気持ち

 

正解のない主人公の気持ちを推測するには相手のことをいつもより深く知ろうとしなくてはいけません。

そういう訓練にはこの本は子どもにとっていい本だと思います。

ごんぎつね (日本の童話名作選)

ごんぎつね (日本の童話名作選)

新美 南吉
1,540円(11/20 13:07時点)
発売日: 1986/10/01
Amazonの情報を掲載しています