『名言のトリセツ』のトリセツ

「名言のトリセツ」の目的は、

名言からあなたの行動を変えること

 

そのために必要なステップはたった4ステップです!

 

名言を知る
名言の生まれた状況を理解する
名言の本質を見極める
自分の行動に応用してみる

 

※分かりやすい例として『星の王子さま』の名言からの流れを載せています。

名言を知る

「名言のトリセツ」で取り扱う言葉は全て古今東西の小説や童話、昔話などのノンフィクション
から集めています。

 

物語には作者の生み出した色んな性格をもった無数の登場人物が出てきます。

  • 普通の学校に通うごく平凡な学生たち。
  • 毎日を忙しく必死に生きるサラリーマン。
  • 世界をまたにかける国際スパイ。
  • 星から星への探検を続けている宇宙船パイロット。
  • 過去へタイムスリップしてしまって途方に暮れる人。
  • 地球から遠く離れた星に住む宇宙人。

 

彼らは現実世界ではありえることもありえないことも体験をすることができます。

そうすることで私たちが想像できないような悩み、苦しみ、喜び、達成感などを味わうことができるでしょう。

「人生にはこんなことも起こるんだ」ということを予め学ぶことができるってすごいと思いませんか?

 

そんな彼らの言葉や感じたことは名言となって必ず私たちの心に響くはずです。

 

そうは言っても「しょせんフィクションの作り物でしょ」と思ってしまう人へ。

 

確かに作者が考えた架空の話ではありますが、そこには作者の体験や考えが存分につまっています。

そこに私たちは疑似体験できるんです。

 

人は人との出会いで影響され成長していきます。

 

本を読めば読むたびに違うタイプの人に出会うことができます。

もう亡くなった過去の人やまだ出会えない未来の人にまで会うことができます。

 

自分一人では一生かかっても経験できない体験をしてみたくないですか?

 


『星の王子さま』の名言
ものは心で見る。肝心なことは目に見えない。

 

名言の生まれた状況を理解する

名言が生まれるには、必ずその背景があります。

その背景を知らずにただ言葉だけを切り取ると、意味を誤解する恐れがあります。

 

もちろん言葉の解釈は人それぞれなので、みんながみんな同じように取る必要はありません。

しかし、その言葉の背景を知っておけばその登場人物の気持ちや感情により寄り添うことができます。

そうすることで、その言葉に共感したりもしくは否定したりすることができるのです。

 


『星の王子さま』の名言の背景

時間をかけてキツネを「飼いならした」王子さまはキツネと別れるときに「ものは心で見る。肝心なことは目に見えない。」という”秘密”をキツネから教えられるのです。

名言の本質を見極める

その名言が本当に言いたいことを考えてみましょう。

 

 

コツとしては「なぜ?」「どのように?」という観点で考えると本質をつかみやすいです。。

その言葉に一瞬でも引っかかったということは、あなたの心がわずかでも動いたということです。

 

  • なぜ、自分はこの言葉が気になるのだろう?
  • この言葉のどこが気になるのだろう。
  • この言葉はどのように自分の心に訴えてくるのだろう。

 

これらを考えた上で、、最もシンプルな形を追及してみましょう。

 

それがその名言の本質となります。


『星の王子さま』の名言の本質

目に見えることにとらわれないで、本質を見極めることが大切

自分の行動に応用してみる

その名言の本質が分かったら、それを自分の行動に応用してみましょう。

とにかく小さなことでもいいので、考えをもって行動することが大切です。

行動をおろそかにすると、ただ名言を知っただけになってしまい意味がなくなってしまいます。

 


『星の王子さま』の名言からの行動

「自分にとってはたいしたことではなくても、相手にしたら物凄い大切で重要なことを訴えたいと思っているのかもしれない」と思うようにする。